Fulcanelli's blog

読書、神秘学、アニメ、漫画、音楽のメモ・感想、プログラミング のメモ、雑記等

吉田拓郎 「101st Live 02.10.30」鑑賞

2002年10月30日にNHK 101 STUDIOで行われたSPECIAL LIVEが収録されている。

まず、ステージとの距離の近さを感じた。

全体的に拓郎さんが理想としていたステージの一つのように感じられた。完成度の高いステージから拓郎さんのルーツが伝わってくる感じ。

曲についての経緯等をMCで語っているのも良かった。


「淋しき街」はバハマでレコーディングした時に参加ミュージシャン達が好きだった曲。

「Y」は拓郎さんが30代の頃に出会ったサーファー女の子の事。

安井かずみさんについてのお話。

「サマータイム・ブルースが聴こえる」はCDに収録されているのは短いがライブでは長いとの事。

....


「落陽」のイントロはピアノから始まっていた。

「流星」を聴くと、テレビドラマ「男なら!」を思い出す(断片的にしか見ていないのだが。。)


101st Live 02.10.30 [DVD]